2020年 今年のお知らせとご挨拶

こんにちは◡̈
またまたお久しぶりのブログになってしまいました!
今回は近況と今年のことをお知らせします。 
InstagramやFacebookなどでもお知らせしていましたが、ただ今産休を頂いております。
予定は3月上旬なのですが、ちょうど昨年の12月のイベント出店で区切りもよく、体のことを考えて少し早めでしたがお休みの決断をしました。
少し前に、妊娠についていろいろ聞かれた事がありました。
こればかりは人それぞれの考え方や現状など、
生活環境もあるしこれが正しいというのもないけれど、真ん中はぶいて結論からすると、誰しも女性として母になりたいと思う気持ちやそうは思わなくてもその事についてきちんと向き合う時間を持っているのだなと自分なりに感じました。
私は年齢的にどこか諦めていたし、
結果の見えない事にどこか非現実感もありました。
でも向き合おうと思ったきっかけは、自分の体のことを全然知らなかった事とパートナーに対しての気持ちです。
20代の時、子宮内膜症と診断され手術をしました。
その時の主治医に、
「赤ちゃん産むんだったら早めにね。」
って言われて、
「へー、そうなの?」
なんて、どこか他人事というか、欲しい時にできるという当たり前のこととして思っていました。
30代に自分のお店を持ち、気がつけば40歳を目前としていた時、初めて「あれ?やばいかも」という胸騒ぎというか、ここまできちゃったよーという焦りがありました。
それと同時に、40歳を過ぎて赤ちゃんができるのだろうか?と思い、とにかく人に話を聞いたり子宮の事などいろいろ調べました。
結婚してから1年、
どんどん時間が経っていくのに対し、
昔手術をしてくれた主治医に言われたことがこの事かと思い知らされ、もっと早くするべきだった「話し合い」を旦那さんとしました。 
女の人の子宮は、タイムリミットがあります。
持って産まれた卵子の数は決まっていて、
男の人みたく新しく作られるものではなく、
年齢と共にだんだん少なくなっていくもので、
年に12回ある排卵も年齢と共にきちんと排卵してても中身が無かったり、弱い卵子だったり、3分の1正常に排卵していたらマシな方とかいう理論もあったり。
なので高齢での妊活はホントにホントに大変なのです!
今回、私が妊娠できたのは「奇跡」だと言いたいのですが、奇跡は50%です。
半分は現代の医療技術と自分の努力と赤ちゃんの生命力だと思っています。
やっぱり、病院にお世話になりました。
卵巣ホルモンの数値が著しく低い状態で、自然妊娠を望むのがむすがしかったからです。
そして針治療に通い、先生から栄養のことを教えて頂きサプリも飲みはじめました。
まずタンパク質の数値が低かったのでプロテインを勧められ、鉄、ビタミンE、D、B、Cを摂取しました。
ビタミンの中では特に不妊に効くのがDらしいです。
そんなこんなで大好きだったお酒も辞め、仕事も減らし、真剣に体と向き合った時間を過ごしました。
きっと今まで通りの生活をしていたら、この尊い命は授からなかったかもしれない。
そんなふうに思うけれども、1番はとにかくお腹の子の生命力が私なんかよりもものすごく頑張ってくれてたんだなと感じました。
必死に生きようと、この世に生まれようとしてくれたんだなぁって。
人間の生命の起源、細胞のすごさを改めて考えさせられた時間でした。
なんだか長い話になってきてしまいましたが、
今年の8enoughの活動は、出産後、体調や状況をみて開始したいと思っています。
長い間ご迷惑をおかけいたしますが、
また再開した時にエイトイナフらしく皆さまにお食事や空間を楽しんでもらえるように、この貴重な時間を有意義に過ごしていきたいと思います。
お世話になったお客様、
興味を持っていただいたお客様、
InstagramやFacebookをフォローしてくれている皆さま、
昨年は本当に応援して頂き、
ありがとうございました!!
2020年、新しい命共々、
今年もよろしくお願いいたします!

コメント

このブログの人気の投稿

産まれました!

今年のごあいさつ③

切り絵展のお知らせ